堀端の家

岐阜県高山市

2016.04  / 住宅 / 新築

 

もともと長屋続きだった細長い土地の中心に、家族をつなぐ中庭を設けました。それによって、全ての部屋が明るく風通りの良い空間となりました。奥行のある住宅を通りける「風の道」を設計したことにより、夏場でも気持ちよく過ごすことができます。

1階は親世帯、2階は子世帯という構成の2世帯住宅です。中庭を介してすべての空間が視覚的につながっており、それぞれのプライバシーを保護しながらも2世帯の交流が生まれやすくなっています。

← back