Q & A

Q

建築設計室はどんな仕事をしてくれるところ?

A

建築設計室は、文字どおり「建築の設計」をするところです。住宅や店舗など新しい場所をつくりたい時に、お施主様の持つイメージを大きく膨らませて素敵な空間を提案するという仕事をしています。

 

お施主に具体的なイメージがある場合には、それを大切にしながら、より良い形にまとめていけるように設計を進めていきます。特にイメージがないという場合でも、本質的にお施主が求めているものを一緒に考えながら設計を進めていきます。まだ土地が決まっていない場合は土地探しの相談にものります。新しい場所・空間が欲しいと思ったその時から、建築の設計ははじまっていくのです。

 

また建築設計室には、設計以外にもう一つ大切な仕事があります。それは実際に建築が始まってから「現場の監理」をするという仕事です。

設計図を描いて施工業者さんに任せれば建築はそのまま完成する・・という訳ではありません。建築現場では、設計図には現れてこない細かな部分についての打合せが何度も必要となってきます。実際に出来ていく空間を感じながら、その場所に最適な方法を常に考え、可能であれば施工途中であっても新しいアイデアを取り入れることもあります。完成するその日まで建築と真っ直ぐに向き合い、最高の空間となるように定期的に現場を訪れ打合せを重ねる。それが「現場の監理」という仕事です。

 

この「建築の設計」と「現場の監理」という仕事を通じて、お施主様に最高の空間をお届けする。それが建築設計室の仕事です。

← back