瓜田の家

岐阜県高山市

2017.05  / 住宅

 

古民家の屋根裏を住居スペースへと刷新したリノベーションです。もとは養蚕が行われており、長く倉庫として使われていた場所。そこがUターンした若い夫婦のための空間となりました。

 

立派な梁がいくつもあり、それらを隠さずに大胆に活かすプランとなっています。広いリビングには箱状のキッチンスペースを設け、緩やかに空間を分節しました。切妻天井の子供部屋はいずれ2部屋にも分けられるように考えられており、中央に壁を作った場合にも納まりのよい設計となっています。

 

床は圧縮された杉板、壁は珪藻土。あたたかく、やさしい雰囲気の空間となっています。

← back