Q & A

Q

ハウスメーカー ・ 工務店 ・ 建築設計室、どう違うの?

A

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、スタートから完成までの流れを自社で完結させるシステムを持っており、家づくりのすべてを託すことができます。その会社独自の建築工法を持っているため部材等を大量生産することができ、価格を安く抑えることができるとされています。ですが、モデルハウス建設費や、多くの人件費、大々的な広報費など、建築以外の部分で必要となる経費も多いため一般的な工務店と比べて驚くほどの価格差はないようです。

また、建築工法や会社の仕組みがシステム化されているが故に、間取り(プラン)や建築材料選定の自由度は低くなりがちです。こだわりの強いお施主様には少し物足りないかもしれません。ですが、システムに則って作業が進められるため、完成までの時間はとても短くて済みます。時間がなく強いこだわりもない、という方には、ハウスメーカーが最も適しているのではないかと思います。

 

工務店

工務店とは建築を施工する業者のことです。工務店には大きく分けて2種類あります。

一つめは「施工」だけ行っているところ。そのような工務店は、建築設計室で描かれた設計図や建築士の指示に従って施工をしていきます。浅野翼建築設計室が設計を行う場合、施工を依頼するのは一般的にこちらのタイプになります。

二つめは、「設計」と「施工」を両方行っているところ。そのような工務店は、自社で建築士を雇用しています。自社で設計図を描き施工も行う、システムとしてはハウスメーカーに近い部分があるかもしれません。ただし、設計と施工が同じ会社で行われるため、建築士の厳しい目によるチェックが入りにくいという側面もあります。

工務店によってそれぞれ違ったポリシーや工法があるため、自分に合う工務店が見つかればお願いするのも良いと思います。

 

建築設計室

建築設計室は、自由な発想をもって設計をするところです。なんといっても、ハウスメーカーや工務店にはないアイデアを提案できるという部分に一番の特徴がありますが、施工を自社で行うわけではありません。設計図を描き、現場を監理するのが一番の仕事。施工は業者さんに依頼します。そして第三者の目線で厳しく建築現場をチェックし監理していきます。

完成後のライフスタイルを想像しながら、お施主様と二人三脚で一緒に家づくりを考えていきます。建築の設計だけをするというよりは、暮らし全体の専属アドバイザーのような存在とお考えください。こだわりをお持ちの方には建築設計室をおすすめします。

建築士に依頼をすると高くなってしまうのでは?というイメージがあるかもしれませんが、実際には、予算に合わせて最適なプラン・材料・工法などをうまく組み合わせて調整することができますので、どうぞご安心を。具体的な仕事内容についてはこちらをご覧ください。

← back